Google+ で検索

Pages

0 コメント

大阪府泉佐野市のりんくうタウンに、模擬カジノ


大阪へのカジノ誘致を進めるため、泉佐野りんくう国際観光振興協議会が設立され、シンポジウム等が行なわれたようです。

また、シンポジウムでは模擬カジノも実施されて、勝負の結果に大きな歓声なども上がり、注目度も高かったようです。

カジノ解禁へは法整備など「これから」ですが、このような模擬カジノなどの活動を通じて、今後、日本人にとってカジノが身近な存在になる日も近いかもしれませんね。



******************************************************************************************************

誘致への模擬カジノでも、勝負に勝って大歓声


大阪府泉佐野市のりんくうタウンに、カジノやホテル、劇場などが一体となった「統合型リゾート」(IR※)の誘致を進めようと、「泉佐野りんくう国際観光振興協議会」(会長=宮本勝浩・関西大教授)が1日設立され、同市内のホテルで、記念のシンポジウムや模擬カジノが行われた。

シンポには、宮本教授や市都市計画審議会の阿部功会長らが参加し、IRや関西空港と一体となった医療ツーリズムの経済効果などを議論。模擬カジノでは、ゲーム用の紙幣をチップに交換した参加者が、ブラックジャックやバカラ、ルーレットに挑戦。ディーラーの手の動きを食い入るように見つめたり、勝負に勝って、大きな歓声を上げたりしていた。

2014年3月2日 読売新聞

******************************************************************************************************

オンラインカジノ倶楽部 online casino club




0 コメント

あのマリーナ・ベイ・サンズを超えるホテルが、日本に誕生するかも!?

皆さんも良くご存じのシンガポールのホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」

ホテルの屋上に船の形のプールがあることでも話題の総合リゾートホテルですが、
それを超えるホテルが日本にも誕生するかもしれません。

昨年、国会へカジノ解禁への法案が提出され、カジノ解禁へ向け動き出している日本に対して、「マリーナ・ベイ・サンズ」を運営し、米カジノ運営大手、ラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長兼最高経営責任者(CEO)は、「100億ドル(約1兆円)」の投資を惜しまないことを明言しました。

日本のカジノ解禁への未来像としては、リゾート施設なども含めた統合型施設を目指すことが示唆されていることから、「マリーナ・ベイ・サンズ」などの、シンガポールの成功のノウハウを活かし、

「カジノ成功」

という、日本への新たな産業誕生を目指すには大変心強いですね。



**************************************************************************************************

日本へのカジノ投資額、必要ならいくらでも=ラスベガス・サンズ


[東京 24日 ロイター]
米カジノ運営大手、ラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長兼最高経営責任者(CEO)は24日、日本へのカジノ投資について、必要ならいくらでも投じる考えを示した。

アデルソン氏は「100億ドル(約1兆円)を投じるかと聞かれれば『イエス』である一方、70億ドルですむならそうしたい」と語り、成功のためなら投資を惜しまない考えを示した。

都内で行われた会見で述べた。

サンズは、シンガポールで総合リゾートホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」を含むカジノ運営で実績がある。将来日本でもカジノが解禁される可能性があるなか、サンズの取り組みが日本にとって好例になるとみられている。

(略)

日本のカジノ運営をめぐっては、海外の運営大手の日本への投資規模のほか、国内のどの企業と連携するかについても関心が高まっている。

アデルソン氏は、リスクを取る精神のあるところとなら連携を検討する、との意向を示した。これまでにサンズに連携を申し出た日本企業は2社あったという。ただ、サンズの時価総額は663億ドル(前週末時点、約6.6兆円)なのに対し、「申し出た日本企業の時価総額は合計で100億ドルにも満たない」(同氏)。

アデルソン氏は「彼らがわれわれについて行けるとは思えない。もっとも排除はしないし、オープンマインドでは行くが」と語った。

日本でカジノ運営は違法だが、昨年の臨時国会にカジノを合法化する法案が提出された。今年の通常国会での審議入りを経て、成立を目指している。カジノやホテルを運営する「総合型観光リゾート(IR)」を推進する超党派の議員連盟は加盟議員を増やし、法案成立を後押ししている。

ビジネス界の幹部らもIRを推進する協議会を立ち上げ、議長には日本総合研究所の寺島実郎理事長が就いた。ローソンの新浪剛史社長、サントリーホールディングス(大阪府)の鳥井信吾副社長などもメンバーとなっている。

2014年2月24日 ロイター

**************************************************************************************************

オンラインカジノ倶楽部 online casino club




0 コメント

totoが海外リーグの予想導入で、過去最高売上更新!?


totoの2013年の売上が、
1000億円の大台を超え、過去最高売上を更新する見通しのようです。

要因には、海外のサッカーがくじの対象となり、
Jリーグが実施されない期間も
販売できるようになったことが1つにあげられるようですので、

サッカーファンの海外リーグの人気
海外リーグ予想の市場の大きさ

こちらの可能性を大きく感じますね。

そんな海外サッカー予想が解禁となった日本のサッカーくじですが、
現時点では、購入者自身が勝ち負けを予想する方式ではなく、
コンピューターの予想を購入する
「BIG」という方式でしか購入できません。

その反面、海外版totoのウィリアムヒルでは、
1試合から購入者自身が勝ち負けを予想する方式で試合を予想できますので、

一足早く、ウィリアムヒルで
海外サッカーの試合を予想してみてはいかがでしょうか?

ウィリアムヒルの詳しい情報はこちらから>>>


*******************************************************************************

売り上げ1000億円突破へ―サッカーくじ=海外リーグ効果で


日本スポーツ振興センターの河野一郎理事長は23日、都内で開いた事業報告・展望会見で、スポーツ振興くじ(サッカーくじ、愛称toto)の2013年度の売り上げが初めて1000億円の大台を超えるとの見通しを示した。今月18日時点の売り上げは842億円に上る。過去最高は08年度の897億円。
売り上げ増の要因について河野理事長は、法改正で海外のサッカーが新たにくじの対象となり、Jリーグが実施されない期間も販売できるようになったことや、昨年11月に発売した最高当せん金10億円のくじに人気が集まったことを挙げた。
また、発売を検討中のサッカーのワールドカップ・ブラジル大会を対象にしたくじについて、コンピューターではなく購入者自身が勝ち負けを予想する方式を採用する考えを明らかにした。

2014年1月23日 YAHOO!ニュース

*******************************************************************************

オンラインカジノ倶楽部 online casino club




0 コメント

横浜市もカジノ誘致へ名乗り


カジノ解禁が大きく期待される今年。
自治体などのカジの誘致合戦も本格化しそうです。

これまで、カジノ誘致では、お台場、大阪、長崎、宮崎、沖縄などの地名がよく挙がっていましたが、ここにきて「横浜」も名乗りを上げました。

自治体としては、カジノ効果での税収アップは、マカオやシンガポールの成功例を見ても、みすみす見逃せない、目の前の大チャンス。

これからも「名乗り」をあげる自治体が増えそうですね。


***************************************************************************************************

横浜市がカジノ誘致に名乗り 林市長「経済効果狙う」 4月にプロジェクトチーム 


横浜市の林文子市長は9日の会見で、カジノを中心とした統合型リゾート(IR)の誘致に向けたプロジェクトチームを4月に設置すると発表した。人員規模など詳細は今後詰める。大きな経済効果が見込まれるカジノ誘致をめぐっては、東京都や大阪府なども名乗りを上げており、今月末に招集予定の通常国会でカジノ解禁法案が成立すれば、一気に「カジノ誘致合戦」が本格化しそうだ。

林市長は「臨海部の観光都市としての魅力を向上させる計画の中で、IRはカジノを含めなければとても成立しない。この考え方は庁内も同じ方向だと思っている」とカジノ誘致に乗り出す理由を説明した。

カジノ誘致で税収が大きく増えたマカオやシンガポールを例に挙げ、「税収不足の中、カジノで経済効果を狙っていく」と強調した。

治安悪化やギャンブル依存症などの懸念についても今後対策を検討していく。

「個人的にはカジノにまったく関心はない」と話す林市長だが、米ラスベガスは街の雰囲気やエンターテインメント性が好きだといい、「きわめて健全で、品格のあるカジノを目指す」と述べた。

2014年1月10日 産経ニュース

***************************************************************************************************

オンラインカジノ倶楽部 online casino club




0 コメント

300億ドル(約3兆1275億円)を上回る巨大リゾート建設計画


スペインからアジアにシフト。300億ドル(約3兆1275億円)を上回る巨大リゾート建設計画。


カジノ法案の行方が気になる2014年ですが、
世界最大のカジノ運営会社、米ラスベガス・サンズが、
これからはアジアに注力すると表明しました。

もともと、米ラスベガス・サンズはスペインで、
300億ドル(約3兆1275億円)を上回る巨大リゾート建設を予定し、
スペインの5年に及ぶ不況回復と、
57%という若年失業率が低下を期待していたプロジェクトを進めていましたが、
このプロジェクトが白紙。

そして、スペインから「アジア」に資本が注力されることになった経緯ですが、
「カジノ解禁」後の日本で、
スペインで試算していた同様の経済効果となれば、
日本の経済復活も加速しそうですね。



****************************************************************************

カジノ世界最大手、スペインの計画白紙に

世界最大のカジノ運営会社、米ラスベガス・サンズが、スペインでの300億ドル(約3兆1275億円)を上回る欧州最大規模の巨大リゾート建設計画を白紙に戻し、これからはアジアに注力すると表明した。

同社の創業者で会長兼最高経営責任者(CEO)のシェルドン・アデルソン氏は2013年11月、建設予定地を訪問した際、スペイン当局者に政権が代わっても税率などの条件を維持するように要請するとともに、公共スペースでの禁煙とネットギャンブル規制への例外を求めていた。

これらの要請に対し、閣僚は投資を呼び込むために禁煙に関しては例外の適用を示唆し、政府も規制の変更が事業に悪影響を与えうる場合の対応策を模索していたという。

フェルナンド・ヒメネス・ラトーレ財務副大臣は「政府は妥当だと思える要請については応える努力をし、欧州法との適合性について欧州当局と話し合ってきた。ただ、他にも何か要請があり、すべての要請が受け入れられない限りは計画を進められないと判断したならば仕方がない。投資そのものはいいことだが、条件次第でもある」と述べた。

13年2月に発表された同プロジェクトでは、10~12年をかけて、3万6000室を備えた12のカジノリゾートがマドリード郊外に建設される予定だった。企業寄りのスペイン国民党(PP)はかつて「この開発により、同国は5年におよぶ不況から回復し、57%という若年失業率が低下するだろう」と話していたが、今回の発表でこのような期待が水泡に帰すことになる。

一方、投資家らは、プロジェクトの経済的実行可能性について懐疑的だった。

アデルソン氏はたびたび「われわれはただ、20%の自己資金配当率(CCR)を生み出す開発を進めるのみだ」と話していたが、その一方で「韓国や日本でのカジノリゾート建設に興味がある」とも語っていた。同社は、マカオやシンガポールにカジノリゾートを有し、利益の大半をアジアから得ている。

昨年解体されるまで投資の呼び込みを行っていた国有企業プロモ・マドリードの見積もりでは、同プロジェクトはスペインの国内総生産(GDP)を4.5%押し上げ、16万4000人の直接雇用と9万7000人の間接雇用、すなわち、同地域の失業者の約半分相当の雇用を創出するとみられていた。(ブルームバーグ Christopher Palmeri、Sharon Smyth)


****************************************************************************






0 コメント

マンU香川が移籍!?2013-2014冬の移籍情報にイギリス国内も注目!


ACミランへの移籍が決まった「本田」など、
各クラブの2013-2014冬の移籍情報が賑やかになってきましたが、
イギリス国内では、マンU香川の移籍動向が注目されているようです。

といいますのも、
海外版totoとしてプレミアリーグやセリエA、スペインリーグなど、
サッカーの海外リーグの試合を予想することができる。
イギリスのウィリアムヒルでは、
香川の「移籍」が、賭けの対象となるほど注目されています。

>>>香川の最新オッズを確認するにはこちらから

今のところ「マンUに残る」という予想が人気で、
オッズが低くなっていますが、古巣ドルトムントもそこそこの人気。

香川の移籍動向はまだまだ分かりませんが、
日本を離れてトップクラブで活躍する香川選手が、
日本人だけではなく、世界中から注目されているとは嬉しい限りですね。

>>>ウィリアムヒルの詳しい情報はこちらから



**********************************************************************************************************

◆マンU指揮官が香川の残留を熱望も「移籍するとすればそれは…」 


マンチェスター・ユナイテッドを率いるデイヴィッド・モイーズ監督は、日本代表MF香川真司の残留を熱望した。ただ一方で移籍の“選択肢”について言及している。『SportsDirectNews』が報じた。

香川はシーズン開幕当初、満足な出場機会を得られていなかったことで移籍のうわさが浮上。周囲ではドルトムントへの復帰話が根強く報じられるなど、去就が注目されている。

もっとも、最近ではスタメンに名を連ねることが多くなり、チャンピオンズリーグのレヴァークーゼン戦で5―0での快勝に貢献した際には多くの称賛を集めた。

モイーズも香川の重要性を認め、「我々はシンジに残ってほしい。もちろんだよ」とコメント。放出を希望しないと明言した。

ただ一方で、「もし彼が出ていくとしたら、このクラブにとってダメージが最小限になる移籍先でないといけない」と続け、香川が退団の意向を示した場合、移籍先は国外のクラブになるだろうとの見解を示した。

2013年12月4日 Searchina

**********************************************************************************************************
>>>ウィリアムヒルで香川の2013-2014冬の移籍予想するならコチラから




0 コメント

カジノ解禁の夜明けも近い?カジノ法案提出。



「いよいよ12月第1週に提出されるか?」

と、注目されていたカジノ法案でしたが、
ついに国会に提出されました。

これまでも解禁に向けた動きがありましたが、
「前進」することがなかったので、
この「法案提出」は、大きな一歩となりそうです。

カジノ解禁への法整備はまだまだこれからですが、
法案提出をきっかけとして、
夜明けの真っ暗だった空に太陽が昇り、
一気に明るい朝が訪れるように勢いよくカジノ解禁まで進むと、
カジノ業界、ゲーミング業界もより一層注目されそうですね!

これからの動きがますます楽しみです。


************************************************************************************************

カジノ法案:自民党など国会提出-1兆円市場実現に向け前進


12月6日(ブルームバーグ):自民党などは、カジノ解禁を含めた特定複合観光施設(IR)を整備するための法案を国会に提出した。日本維新の会、生活の党の議員などとの共同提出で、公明党は加わらなかった。超党派の「国際観光産業振興議員連盟」(IR議連、通称:カジノ議連)の会長、細田博之自民党幹事長代行が5日、党本部で記者団に明らかにした。

>>続きを読む

全てのエネルギー

日本企業でも、パチンコホールなどを経営するダイナムジャパンホールディングスは、全てのエネルギーを日本におけるカジノの準備に集中すると、佐藤洋治取締役会議長が先月28日、説明会で述べた。ラスベガスのシーザーズ・エンターテインメントの国際開発部門のスティーブン・タイト氏は9月、セガサミーホールディングス、コナミなどと協議に入っていることを明らかにした。

>>続きを読む

慎重論も

超党派議連は11月12日の総会で、カジノ解禁法案を今国会に提出するため、各党内の手続きを進める方針を確認したが、民主、公明両党は党内に慎重論があることから議論が進まなかった。みんなの党も結論を持ち越している。議連には11月12日現在、自民、民主、公明、日本維新の会、みんなの党、生活の党などの国会議員約170人が登録。安倍晋三首相、麻生太郎副総理兼財務相、生活の党の小沢一郎代表らが最高顧問に名前を連ねている。

>>続きを読む

【2013年12月6日 Bloomberg】

************************************************************************************************
オンラインカジノ倶楽部 online casino club